ヘッド

ここにタイトル

これが本文

一番初めは一宮、二は日光東照宮、三は讃岐の金毘羅さん、四は信濃の善光寺、五つ出雲の大社

六つ村々鎮守様、七つ成田の不動様、八つ八幡の八幡宮、九つ高野の弘法様、十で東京招魂社

ゆく川の流れは絶えずして元の水にあらず。淀みに浮かぶ泡沫はかつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる
試しなし。世の中にある人と住処と、またかくのごとし。
たましきの都のうちに、軒を並べ、甍を争える、高き、卑しき、人の住まいは。世世を経て尽きせぬものな
れど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

イメージ2